FC2ブログ

記事一覧

2015年モデル カタログが入ってきました。

新しいカタログが入荷してきました。


ヤマハさんとパナソニックさんのカタログを比較してみましょう(笑)


まず、パナソニックさん
kata4.jpg
今までと変わらず、上に帯で「ザ・カタログ」ですね。
でも、前回より明るく「軽快」さを感じるのは私だけでしょうか?





次にヤマハさん
IMG_0507.jpg
帯なし!縁なし!!
オシャレさ出てますねー!
PAS Minaのイメージにあってる表紙。

以前、雑誌の表紙みたいにしてくださいって言ったら
一回だけですがそんな感じになりました。
でも、その後は徐々に「カタログ感」方向に戻っていきましたが。
ここへきて、また「カタログ感」を払拭するデザインに!

っていうか、そもそも
カタログって、綺麗にA4サイズじゃないといけないのかな?
上辺だけギザギザにしたり、かなり出っ張った表紙にすれば
カタログスタンドに並べた時、他社に覆いかぶさる位に目立つんじゃ??(笑)
他社さんは迷惑でしょうけどwww

あとは、コストでしょうね。



では、中を見ていきましょう!

ラインナップ一覧のページ

パナソニックさん
kata3.jpg

ヤマハさん
kata2.jpg


なにこの価格帯とカテゴリ別けがそっくり。



あれ?前回のカタログでこんな感じじゃなかったですよね??(笑)

どちらかが後出しです(笑)






商品のページはというと

パナソニックさん
IMG_0501.jpg
可愛くなってます(笑)
少しスッキリしてるような。


そして、こちらは変わらず。
kata5.jpg
変えようがないのでしょうか。



次はヤマハさん
IMG_0497.jpg
ビジュアル多めで、分かりやすい!!

こちらも!!
kata1.jpg


前から言っってますが
カタログって一方方向からの絵がほとんどなんです。

だから平面でリアリティが無いというか。
実感が無いというか。

なので、斜めからの俯瞰とか
立体的に見えるようなビジュアルにした方が良いと思うんです。

例えば、いつも通りの横からの絵と
その自転車に乗ってる時の視界(自転車含む)の絵とか
グリップを握ってる絵とか、パーツの超拡大(質感が分かるように)とか。

自転車全体の絵と、想像したくなる絵があると良いのになー的な。

Babbyのページで左側のコラージュは凄く良いと思うんです。

自分が子どもを乗せたらこんな感じになるのかな?って思うでしょ?

この絵で、お客様にご案内している内容が詰まってますし。

例えば、コラージュ下の絵だと「後だと会話しにくい」とか(笑)
上左の絵は、「少しガリ股になっている」「フロントに載せても視界にかからないから安心」
上右だと「お子さんが頭や手を出すことを想定して運転する」とか(笑)

あれ、あんまり良いこと無かったな…。
後のお子さんの位置が低いので「乗せやすい」「支えやすい」などはもうご存知かと。


とにかく、どんどん分かりやすいカタログになってほしいです。


そういえば、パナソニックさんのカタログにはこのようなページが追加されました。

IMG_0511.jpg

自転車をより、安全に快適に使えるように
「定期点検とメンテナンス」「交通ルール」のページが出来ました。

「定期点検とメンテナンス」の項目には
定期点検をすることにより、不具合による事故を防ごうということが書いてあります。

以前、このブログでも書きましたが
フロントフォークが曲がってる状態なのに気が付かず
乗られていた方がいらっしゃいました。

実際、結構な数の方が、気が付かず乗ってらっしゃると思います。

不具合が早期に分かれば、調整で済み
部品交換などの大事にならないことが多いです。


「交通ルール」の項目では
当たり前のことが書いてあります。
皆様、しっかり守ってらっしゃいますか?

車道を左側通行してますか?
夜間ライトを点けてますか?
駅から自宅まで飲酒運転してませんか?
音楽をイヤホンで聞きながら運転してませんか?
スマホを操作しながら運転してませんか?
二人乗りはしてませんか?
雨の日、傘をさして運転してませんか?
13歳未満のお子さんにヘルメットを被せてますか?

全部、道交法違反ですよ。



性能や品質のアピールだけでなく
より良い環境づくりを目指してるところがいいですよねー。



っていうか、カタログ比較して意味あるのかは分かりません(笑)

こんな事やるのうちくらいですからねwww







タカサキ
スポンサーサイト



プロフィール

横浜店長

Author:横浜店長
ASSIST YOKOHAMA
港北ニュータウンの電動アシストサイクルとカジュアルサイクルの専門店です。修理もご遠慮なくお申し付け下さい。
ホームページはこちら

最新情報(ツイッター)

Twitter Reload