FC2ブログ

記事一覧

YAMAHA PAS 新型スピードセンサー ってどんなの?

YAMAHA PAS SION-Uの2015年モデルが入荷したので
新型スピードセンサーがどういうものかをチェックしてみました。


こんな感じです。
IMG_1351.jpg
マグネットとセンサーが一体型になっています。


裏側
IMG_1355.jpg
ツメが出ているところがフロントハブにくっつきます。


バラシていきます。
IMG_1363.jpg
ハブ側が取れました。


さらに
IMG_1362.jpg
ハブ側に付くマグネットを固定している白い樹脂パーツを外しました。


バラバラ
IMG_1361.jpg
左から
ハブに付くツメ、センサー部、回転するマグネット、それを保持する白いパーツ
案外シンプルな作り。

再度組む場合は、白いパーツの方向を確認して組み立てましょう。
車体にセットする時、フォークの溝に収まるので。



さて、どういう動きをするのか?



動画はこちら↓


パチっと取付出来ます。
白いパーツ部がハブのナットにしっくり収まりますね。



では、車体にセットしていきます。



IMG_1365.jpg
フォークに白いパーツが収まってます。
まわり止めになってますね。


IMG_1366.jpg
あれ、なんか見たことある鉄のパーツ…
センサーガードもあります。
パナさんのものをもっとスマートに作った感じ(笑)


IMG_1367.jpg
別の角度から。
こんな感じです。



IMG_1368.jpg
あれ?
コネクターむき出し!?
しかもコードを留める台座はあるのに…



大丈夫です(笑)
IMG_1369.jpg
ってか、また見たことあるような…。
ちゃんとカバーがあるので安心。




ということで、こんな仕組みになってます。
これなら壊れそうにないですね!




そういや、以前から懸念していた「ゴミが挟まったら?問題」と
「車輪回転するとスルスル聞こえる問題」はそのままでした。


「車輪回転するとスルスル聞こえる問題」はよくよく聞かないと聞こえません。

ゴミ詰まった→回転ズリズリ というのが懸念材料かなと。

普通に使っていると、フロント車輪の軸から少なからず
グリスが流れ出てくると思います。
その時にセンサーに入り込み、砂やゴミが付着しないかが心配。

ただ、今回バラシてみて思ったのは
よっぽどじゃない限りは大丈夫そうだなということ。

なので、そんなに気にしなくていいのかな??
まー、時間が経ってみないと誰にも分からないですからね。

あとは、常に摩擦はあります。
微量ですので、走行などには全く問題は無いのです。
大したことは無いでしょうけど、摩擦はあるので微量摩耗もあるでしょうね。
車輪自体(ハブ含む)の抵抗に比べれば微々たるものですけど。
ブリヂストンさんの展示会で展示されてた車両はまあまあ擦れてました。
個体差もあるかと。

疑問に思ってる事は、「問題ないけど、接触してる。」

バイクとか車とか重量があるモノではありますが
自転車で意味もなく回転動作に対して接触している事って
好ましくないと思ってるのは僕だけでしょうか(笑)

ブレーキが効いていなくても、ブレーキシューが車輪に触れてたら…
いや、それダメでしょ…。って言いますよ(笑)

よく分からないです(笑)
スポーツ車じゃないですからね。
走行には問題ないですから、スピードセンサーがぶつかって
壊れたり外れたりしなくなればトラブルも減りますし。



いやしかし、メーカーさんは色々と考えてらっしゃいますね。

ヤマハさんは今回のように改良されましたし
パナさんはハブの中にセンサー入れちゃいましたし。


新しいものを詳しく観察するのは楽しいですね!
もっと新しいものが出てくるといいのになー。

ほぼ自己満足のためですけどね(笑)








タカサキ
スポンサーサイト



プロフィール

横浜店長

Author:横浜店長
ASSIST YOKOHAMA
港北ニュータウンの電動アシストサイクルとカジュアルサイクルの専門店です。修理もご遠慮なくお申し付け下さい。
ホームページはこちら

最新情報(ツイッター)

Twitter Reload