FC2ブログ

記事一覧

パナソニック ニューモデルの発表がありました。

昨日、パナソニックさんの2018年モデル電動アシスト自転車が発表されました。



何がどうなったか?わからない感じなので
まずは整理していこうと思います。




GYUTTO ANNYS KE

gyutto_ke_kd.png

アニーズシリーズのフラッグシップモデル。
2017年ではアニーズEXの後継。
巨大な20Ahバッテリーの全部付モデル。


ラクイックシステムという電源ボタンを押すと開錠してくれるカギを搭載。
feat_rakuick.jpg


フロントカゴはスムースデザインバスケット。
basket.png

樹脂製のカゴ。
なぜ樹脂にしたかはカギのせい?的なウワサ?
ホントかどうかは分かりません。

このモデルだけフレームの溶接部分が綺麗らしい。
ホントに!?
11月中に入荷するみたいなので、ウソかホントか分かるかな。

お子様乗せモデルで唯一の20Ahバッテリーモデルなんですけど。
ついにパナソニックさん、気が付いたのか?
12Ah~16Ahで十分過ぎるんですよね。
というより、16Ah以上のバッテリーは逆にビミョー。
だって、より長く使えるようになるのがメリットだけれども
どの容量でも保証は変わらず2年。

16Ahは3年、20Ahは4年の保証にしてくれませんか?

別途2000円で2年延長保証とか。
アッ○ルケア的な(笑)

ギュットミニシリーズでは20Ah仕様が今回は無くなってます。
後出しで出してきたりして(笑)
いらないですけど。


話を戻そう…。



GYUTTO ANNYS KD

アニーズKEとほぼ同じ。
バッテリーが16Ah仕様。

あれ、気が付きました?
「K」が付くとラクイックのカギ仕様なんですよ。




GYUTTO ANNYS DX

gyutto_dx.png

これは、継続モデルですね。

仕様変更部分は後でまとめて書きます。

「K」モデルとの違いは、フロントカゴがパイプカゴなのと標準のカギ仕様。
もちろんバッテリーは16Ahから変更はありません。




GYUTTO ANNYS

こちらは、ニューモデルの12Ahバッテリーモデル。
ニューモデルというのもちょっとおかしいですが。

「アニーズ買うならこのモデル!」ということにします。
メーカー希望小売価格で5000円の差です。
ヘルメットとかカバーが買えますね。
大きな声では言えませんが…。

12Ahバッテリーで十分安心して乗れます。

メーカー希望小売価格(税抜)で比べてみます。

ヤマハ     PAS babby un 2017 134,000
ブリヂストン  bikke MOB e 2018 138,860 (クッション込)

パナソニック GYUTTO ANNYS 2018 134,000
パナソニック GYUTTO ANNYS DX 2018 139,000

現状では、ANNYS VS babby un と ANNYS DX VS bikke MOB e ということになりますね。

ヤマハさんの2018年モデルがどうなるか分かりませんが。

2017年は
ANNYS DX VS babby un は価格でbabby unの方が人気。
ANNYS DX VS bikke MOB e はオシャレ感でbikke MOB eの方が人気。

ということで、当店では微妙な感じだった。


ということで、2018年こそアニーズの時代が!?

ブリヂストンさんはデュアルドライブ押しなので
焦点が定まってない感を勝手に感じてる私。
MOB dd と MOB e の混在ですから。
でもbikkeのブランド力はかなり手ごわいか。


パナソニックさんは、見た目もスッキリで
チャイルドシートもスッキリ(後で書きますね)です。
今回はいい(ご提案しやすい)かもしれませんね。

無駄にラクイックを押すのはやめて
堅実な仕様のアニーズをおススメすることにしよう!


あ、いや、ヤマハさんのbabby次第ですけどね。


っていうか、「ラクイック」やってみたいんですけど?
いつもブログで文句しか言わないから、触られてもらえないでしょうか!?

それなら仕方ない(笑)





また話を戻します。


GYUTTO ANNYS F DX

gyutto_fdx.png

こちらは継続モデル。
リアチャイルドシートの変更ですね。

長距離の通勤にも使用される方やご身長が173cm以上の方が
メインでご使用になられる場合は選択肢に入れていただいてもいいと思います。

現在、お子様乗せモデルは

お子様>運転される方

という感じに比重がお子様の安全となっています。




はい。
アニーズのモデル多すぎ。

では、アニーズ系全般の変更点をチェックしていきます。


まず、大きなところはリアチャイルドシートですね。

シート全体の画像がパナさんのページ無い。


ポイントは

・シート全体のスリム化
・ベルトの調整が簡単
・安全グリップバー

あのー、、、
bikkeのシートそっくりな内容ですけど…?


「シート全体のスリム化」
駐輪場での取り回しが少し楽になるというのがメリット。
狭いところをグイグイ行くためではありません!

「ベルトの調整が簡単」
ギュットミニ系の巻き取り式なんでしょうね。
これはやりやすくなるのでいいですね。

「安全グリップバー」
これね。

なんで安全っていうのか?
何をもって安全なのか?

もし、万が一があった時にこのバーに引っかかって安全というなら
それは、シートベルトをちゃんとしてなかった事になります。

あくまでグリップバーなのですから。

視覚上安心感があるだけですから。
ジェットコースターのバーとは違います。マジで。ホントに。

絶対にシートベルトをしてください!
バーがあっても何にもならないですから!
安全バーではない!
ただのバー!
ただの棒!


文言と視覚上のイメージでシートベルトを怠る可能性が無いようにしてもらえませんか?

ホームページのキャプションからして「ラクラクグリップバー」でしょ。

bikkeのシートをご覧になったお客様で
バーを見て「安全そうだね」という方が多いです。

やっぱりそう見えるんです。
そう誤解されやすいという事だと思います。

シートベルトをしない方が一人でも増えないように。
そもそも、減らさなきゃいけないんですよ。

bikkeに乗ってらっしゃる方
「急いでるし、バーがあるからいいかー」はやめましょう。
バーはベルトの代わりにはなりません。





チャイルドシートのその他の機能としては

「背面ポケット」
便利そうですね。
レインコートやタオルなどが収納可能と書いてありましたが
現実的には雑巾に近いものになるでしょうね(笑)
有る無いでいうとあった方が便利です。




チャイルドシート以外の変更点は

・フレーム
・エコナビ液晶スイッチ4SL
・サドル
・フロントライト
・急速充電器

こんな感じでしょうか。

フレームは結構変わってますね。

まず、全長が25mmも短くなった。
駐輪場や方向転換での取り回しがしやすくなります。
これは重要!

そして、チャイルドシートが取り付けてあるキャリアが
フレームと一体型です。
使用していく中でキャリアの取付部分が緩むことは無くなりますね。



エコナビ液晶スイッチ4SLですが、表示部のバックライトが常時点灯ですって。
econav.png

なんか、見たことあるな。
あ、あまりつっこまないようにしよう…。



サドルはリベットが付いて
saddle.png

ライトは短くなった。
lamp.png




急速充電器は、やるなら最初からやってくださいよ的な。





あとちょっと頑張ろう…。

以降はサササーっといきます(笑)




GYUTTO MINI KD

gyutto_mini_kd_dx.png

「K」が付くのでラクイックシステムのカギです。
でも「D」が付くので16Ahバッテリーです。
ライクラクッションという仕様みたいですが
おそらく、超撥水の柔らかいクッションだと思います。
GYUTTO ANNYS KE も同じクッションですが
それ以外はPVCクッションなので、ビニール感のあるクッションだと思います。




GYUTTO MINI DX

継続モデルですね。
こちらも16Ahバッテリーモデル。
コッチが人気モデルになりそうですね。



GYUTTO STAGE 22

gyutto_stage_22.png

継続ですね。
フロントカゴが深いタイプに変わりました。
ギュットシリーズなのにカゴが違ったので
これで統一感が出ましたね。
名称も「GYUTTO STAGE」だけにすればよかったのに。




よっしゃー!

書き終わったー!



あ、あと、おまけ





VIVI KD

vivi_kd_t.jpg

VIVIシリーズのフラッグシップモデル。
VIVI EXの後継モデルにあたります。

「K」が付くのでラクイックシステムのカギです。
「D」が付くので16Ahバッテリーです。



VIVI DX

vivi_dx_g2.jpg

ど定番モデル。
値下げになりました!
とにかくどんな用途にでも使えるオールマイティー。
16Ahバッテリーです。




VIVI STYLE

vivi_style_r.jpg

こちらも値下げ、16Ahバッテリー。




長かったー。


こんなに書いといてなんですけど







どれも実物は見ていません(笑)









タカサキ








最新の入荷情報はこちら↓

twitter

Instagram

facebook

こちらにアップしていますので、フォローお願いします☆
スポンサーサイト



プロフィール

横浜店長

Author:横浜店長
ASSIST YOKOHAMA
港北ニュータウンの電動アシストサイクルとカジュアルサイクルの専門店です。修理もご遠慮なくお申し付け下さい。
ホームページはこちら

最新情報(ツイッター)

Twitter Reload