FC2ブログ

記事一覧

YAMAHA 2018年モデルの展示会に行ってきました。

IMG_4914.jpg
ヤマハでヤマハの展示会に行ってきました(笑)






あれ、担当の営業さんが司会進行してる!
IMG_4915.png
お疲れ様です!
スムーズでしたよ(笑)




まずは、Kissmini un
IMG_4885.jpg
ザックリな画像(笑)

IMG_4886.jpg
ディープフォレスト
まあ、鶯色ですね(笑)
実物に色合い合わせながら撮りました。
若干違ってますが。

ツヤケシ感は少なめです。




コレコレ!
IMG_4900.jpg
昨日言ったとおりでしょ!!
この2色はアクティブなイメージって!

しかも、ウェアっぽいイメージ。

ヤマハさん的にもチャレンジなカラーとの事でしたよ。

好きな人は好きでしょうね。



IMG_4882.jpg
今回、Kissmini unは、大きな変更はございません。
その中でも大き目な変更はフロントシートの改良。

・カバーのガタガタ音が静かになった。
・お子様の空間が少し広がった。
・カバーのキズ付きやすさが軽減された。

カバーのガタガタ音は、2017年モデル発表から言ってましたね。
チャイルドシート製造メーカーさんにも直接言いましたからね(笑)

今回の改良でかなり改善されて、気にならない位です。
3ヶ所ほど改良されてます。


お子様の空間に関しては、ホントに狭すぎた。
上の画像でも分かる通り、グリップバーが形状変更になってます。

あれ、パ○ソニックさんのに似てません?(笑)
そんな感じです。
稼働はしません。

IMG_4883.jpg
ロック部分が親指での解除に変更となっております。
今までは人差し指での解除でした。


カバーのキズ付きやすさですが、少し良くなってます。
ただ、硬いモノでこすれば普通にキズは付きます。
これは当たり前の話ですけど。

なんせ、面が大きいのでね。


試しに爪でひっかいてやりましたwww

IMG_4908.jpg
付いてる…。
この他にもキズは多数付いてました。
私以外の人がやったのでしょう(笑)



IMG_4907.jpg

こう見ると、あまり変わり映えがないような…。

大きな変更がないので仕方ありません。





お次は、Babby un
IMG_4904.jpg
これこそ変更がない。

フレームの名前を書くところが無い!!

「名前と住所を書くところを無くしました」っておっしゃってましたよ。

誰だ!!
名前書くところだの、あーだこーだ言ってたのは!!(笑)



おそらく、私ですwww


今回のBabby unのマットカラーのカサカサ感というかマット感が控えめです。

ツートンのパウダーブルーの画像撮り忘れた。
このカラーはまあまあキレイな感じでした。

でも、ツートンカラーは「名前と住所書くところ」残ってますよ!

関西ではツートンカラーはそこそこ人気だったらしいですよ。
関東ではあまり見ませんが…。

地域によって違いがあるんです。


IMG_4905.jpg
マットカフェベージュ
2017年よりベージュよりです。
これでもちょっぴり黄色感あり。

ということで、Babby unはこんな感じです。




お次は


docomo with




じゃない。


PAS With


IMG_4906.jpg
左から
With SP / With DX / With

今回、フルモデルチェンジ。
ブリヂストンさんの車両ではなく、ヤマハオリジナル。

オリジナルといっても、あれですけど。

フレームは、某有名メーカーの工場で作ってたりするのでしっかりしてます。
パ○ソニックさんのアルミフレームもそんな感じ。


IMG_4887.jpg
With

IMG_4912.jpg
With

IMG_4913.jpg
With


IMG_4893.jpg
ヘッドチューブ短い。
全体の剛性を考えて短くなったそうです。

車体の剛性感はしっかりしてます。
フレーム剛性にフォークが負けるかななんて思ってましたが全然気にならない感じ。
ハンドリングもニュートラルなイメージ。
パナソニックほど軽すぎず、ブリヂストンほど直進安定性重視でもなく。

剛性があるという事は、代償もあるわけで。

ヤマハオリジナル車種全般に言えることですけどリアが硬すぎるかと。
段差を超えた時のショックが逃げるとこが無い感じ。
お尻に硬さが伝わってくる。


IMG_4892.jpg
アルミのぶっといモノステーだし、剛性はバッチリだけど振動吸収性は期待できないですよね。



IMG_4890.jpg
こんなトレッド。
よくある系のちょっと古めのトレッド。
Eマイティーロードタイヤと同じ位の転がり抵抗だそうです。


IMG_4891.jpg
KENDAですけど、ヤマハオリジナルコンパウンド。
KENDAだとサイド割れをよく見るけど、これは大丈夫らしい。
実際に使ってみないと分かんないけど。

HPの画像にケンダってロゴが分かるものがあったから
ケンダって言いていいですよね?



IMG_4888.jpg
リアキャリアはこんな感じ。
ちょっと小ぶりの前よりな感じ。

ナチュラよりシート角が立ってるみたいです。
で、キャリアも前よりあるみたい。
そうすることで剛性も良くなるのかな?


InkedIMG_4909_LI.jpg
車両は24インチですが、チャイルドシート付いた状態。

試作車のため、実際はもうちょっと後ろに取付になります。


IMG_4910.jpg
これも試作車のキャリアですが、フックの左(後ろ側)にチャイルドシートの取付プレートを入れる感じですね。
上のシートが付いてる画像はフックの右(前側)にある感じ。

量産車ようのキャリアはフック左のスペースがもっとあるそうです。


これ、誰トクの情報だよ。




IMG_4889.jpg
PAS Withのチェーンケース。
ドロヨケもそうなんですけど、質感がいまいち。
PAS Withと同価格のパナソニック ViVi DXと並ぶとどうなんでしょ。

With DXのドロヨケはスチールに塗装でチェーンケースも塗装ありなので質感は問題なしなんですが。




という感じでした。

PAS With系は完全なニューモデルでしたがナチュラの後継モデルなので
どこまでナチュラに近づけれるかがポイントだったように思います。
車体の剛性感はナチュラを超えてるかと思いました。

un系は、大きな変更がなく改善方向でのマイナーチェンジですね。


っていうか、Kissmini unの2018年モデルは、2月中旬出荷開始予定で結構先になりますね。






おまけ



IMG_4894.jpg
YPJシリーズ



IMG_4896.jpg
YPJ-ER
PW SEユニット
4モード



IMG_4895.jpg
YPJ-EC
PW SEユニット
4モード


IMG_4898.jpg
YPJ-TC
PW SEユニット
4モード



IMG_4897.jpg
YPJ-XC
このモデルのみPW-Xユニット搭載。
5モード



IMG_4901.jpg
ディスプレイはこんな感じ。


IMG_4902.jpg
スイッチはこんな感じ。


IMG_4903.jpg
バッテリーは25V換算で20Ah相当。



楽しみですね。


メーカーさんレベルのフィールド作りをお願いします。







タカサキ








最新の入荷情報はこちら↓

twitter

Instagram

facebook

こちらにアップしていますので、フォローお願いします☆
スポンサーサイト



プロフィール

横浜店長

Author:横浜店長
ASSIST YOKOHAMA
港北ニュータウンの電動アシストサイクルとカジュアルサイクルの専門店です。修理もご遠慮なくお申し付け下さい。
ホームページはこちら

最新情報(ツイッター)

Twitter Reload