FC2ブログ

記事一覧

バッテリーについて

電動アシスト自転車のバッテリーは、昔に比べるとかなり大容量になりました。

今では12Ahというバッテリーが標準となっています。


バッテリーの充電回数が700回~900回ということです。

ということは、あまり充電しない方は寿命がすごく伸びる!?

とは、いかないのです。



当店では、バッテリー寿命をお客様に聞かれた時は
バッテリー容量に関わらず、平均3~4年とお伝えしています。

8Ahより寿命がもたない大きな容量のバッテリーはいくらでもあります。

もちろん5年6年もつものもいくらでもあります。
ですが、使用環境や個体差で大きく変わると考えています。

個体差というのは工業製品で以上、絶対にあります。

新品状態だと、個体差はかなり少ないんですね。

でも、劣化してくると個体差が広がってくるんじゃないかと思います。
そして、使用状況もあると思います。

程よく一定の使用頻度という方が寿命が長い?ように思います。
比較的にということなので。

どのようにお使いいただけるかも、お客様によって違いますので
寿命は3~4年が平均なんじゃないかなと。

なので、寿命を期待して大きなバッテリー容量のものをご購入されるのではなく
一日に走行する距離でバッテリー容量をお選びいただいた方がいいです。




最近、ダメになったバッテリー。
IMG_6084.jpg
1年ちょっと保証交換。
3年ちょっとで寿命のもの。

どのメーカーがいいのか?などございません。

どのメーカーもほぼ同じです。
ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック同じ。

バッテリーの内部に入ってる乾電池みたいな形のセル。

作ってるとこはある程度限られますし、安定した製品を使いたいメーカー。

大手メーカーさんが扱うバッテリーで、異常があってはいけないものなので
性能と品質がいいものを選んでるので、大きな差が出ないんでしょうね。

電動アシスト自転車の一番の要はバッテリーです。

その信頼性があり、保証もしっかりしているメーカーの電動アシスト自転車をご購入ください。



バッテリーは人間と同じ。
夏は日陰で風通しのいいところに
冬はリビングなどの室内で保管していただくと
バッテリーに優しいです。









タカサキ




↓最新の入荷情報はこちら↓


港北TOKYU S.C. ショップブログ

Instagram

twitter

facebook

こちらにアップしていますので、フォローお願いします☆
スポンサーサイト



プロフィール

横浜店長

Author:横浜店長
ASSIST YOKOHAMA
港北ニュータウンの電動アシストサイクルとカジュアルサイクルの専門店です。修理もご遠慮なくお申し付け下さい。
ホームページはこちら

最新情報(ツイッター)

Twitter Reload