FC2ブログ

記事一覧

自転車のタイヤの話

皆さん、自転車のタイヤにこだわりってありますか?

ロードやMTBなどに乗られてる方なら、こだわりがありますよね?


普通の自転車や、電動のタイヤで

「あれにしよーかなー、これにしよーかなー」とかあります?

ないと思います(笑)


どちらかというと、「安ければ」「長持ちすれば」いいかなという感じだと思います。

この二つはお客様にとって重要ですからね。


「安い」に関しては、ぱっと見で分かりますよね。
「長持ち」というのは難しい部分なんです。

実際、「安くて」「長持ち」のタイヤはあります。
※以降「安長」と記載しますwww

安いタイヤって、結構減らずに長持ちするのがあるんです。

もちろん安くてすぐにダメになるのもあります(笑)

「安長」タイヤは、減りづらく長持ちするんです。
なぜか?

質が良くなく、固いから。
だから減りづらく長持ちする。

でも、「安長」タイヤが長持ちしてもチューブの劣化が早くなるんです。
「安長」タイヤは中に入ってるチューブへの攻撃性が高い。


こういう感じでザラザラしています。
IMG_7250.jpg
ヤスリのイメージで、チューブを削ります。

しかも、タイヤ自体が悪いので減ってないのに別の部分がボロボロになったり。

結局、お客様のコストがかかる。



なかなか、バランスが難しいのがタイヤ。


じゃー、自転車店はどうしてるのか?
色んなパターンがあると思います。

代表的なのは

①お店独自で吟味して、オススメを使っている。

②得意先だから、そこの銘柄を使っている。

③会社から指定されたものを使っている。

こんな感じでしょうか。

これは、どの業界でも同じですよね(笑)



①は、お店によってパターンが違ったりしますが
お店の人が考える最良を選んでいるので安心。

②は、お店の利益というのもありますが、得意先への信頼から選んでいるような感じですね。

③は、確実に利益重視になりますね。


↑の画像の物もそうですが、電動アシスト用タイヤで日本製タイヤ並の価格ですが
実際はあまり…というパターンは結構あります。




ということで、当店で使っているタイヤを一部紹介します。


26インチの一般サイズでのご紹介ですので、お子様乗せ系などはあてはまりません。





低価格タイヤから

IRC CITY COMFORT
IMG_7253.jpg

IRCってご存じですか?
バイクに乗ってらっしゃる方ならご存じでしょう。

井上ゴム工業という日本の会社です。
日本国内にも工場があり、海外にもあります。

↑のタイヤは海外工場の物です。

低価格のなのに内側が綺麗。
IMG_7252.jpg


一般的な海外タイヤ
IMG_7251.jpg
ザラザラ?
このザラザラがチューブを攻撃しやすくなります。


このCITY COMFORTのいいところは、低価格なのにしなやかで内側も綺麗。

当店で、電動ではない自転車や今後あまり乗らない電動自転車に使ったりしています。



次は電動アシスト用タイヤです。


パナレーサー e-ride
IMG_7255.jpg
日本製としっかり書いてありますね。

パナって書いてありますが、今はパナソニック系ではないです。


コチラも綺麗
IMG_7254.jpg
線が見えますが、中はツルツルです。
なので、チューブへの攻撃性も低いですね。


このタイヤの特徴は、転がりがいいですね。
タイヤの横がしっかりしてるのでハンドリングがいいタイヤです。

IMG_7258.jpg


通常の軽快車タイプの電動アシスト自転車に使うことが多いです。






次は、
IRC 足楽
IMG_7257.jpg
上の低価格タイヤと同じメーカーのIRC

コチラは日本製のタイヤ。


中は綺麗です。
IMG_7256.jpg
これも攻撃性が低くていいんです。


IMG_7259.jpg
特徴は、しなやかで乗り心地が良く、グリップ力もいいんですね。
柔らかい分、上のe-rideよりちょっぴり減りが早いかも。ちょっぴりね。

コチラは、ちょっと太めのタイヤが入ってる軽快車に使うことが多いですね。

このタイヤは、以前に一部の新車タイヤに採用されてました。




こんな感じでしょうか。

お子様乗せ系は、使えるタイヤが変わってくるので吟味する内容も変わります。


当店では

「価格」と「質」のバランスで選んでます。
「質」自体もバランスがいいを好んでます。




タイヤでご不明な点などありましたら、私にご相談ください!



最後に、一番大事なことをお伝えします。


「ちゃんと空気を入れてください!!」



理想は、1ヶ月でエアーチェックを!遅くても2ヶ月で!!



どんなにタイヤが良くても、エアーが入ってないと、すぐにダメになります!!


マジでお願いします!!


お店としては、空気を入れてもらえない方がもうかります(笑)

だから、空気を入れて!!って言わない方がいいのかもしれません(笑)

でも、そういうのはおかしい。


空気を入れないと、必ずお客様が損をします!

なので、自転車のタイヤにはちゃんと空気を入れてください。

そして、空気以外は入れないようにしましょう。










タカサキ



↓その他の情報はこちら↓

港北TOKYU S.C. ショップブログ

Instagram

twitter

facebook

こちらにアップしていますので、フォローお願いします☆
スポンサーサイト



プロフィール

横浜店長

Author:横浜店長
ASSIST YOKOHAMA
港北ニュータウンの電動アシストサイクルとカジュアルサイクルの専門店です。修理もご遠慮なくお申し付け下さい。
ホームページはこちら

最新情報(ツイッター)

Twitter Reload